【別な切り口での損害の区分|交通事故保険金の基礎知識】

3分類する方法が2種類ある

このサイトでは交通事故損害を「傷害損害」「後遺障害損害」「死亡損害」の3種に分けています。

 

これ以外に別な視点からの3分類があります。

 

弁護士さんや保険屋との話の中で出てくる可能性があるので、一応それも説明しておきます。

 

交通事故被害に強い弁護士リスト

 

損害の性質で分けた3分法

次の3つの分け方も知っておいてください。

 

積極損害 事故に遭ったために出費せざるを得なかったお金。治療費など。
消極損害 事故に遭わなければ得られていただろう収入。休業損害など。
慰謝料 苦痛に対するお詫びの意味のお金。

 

具体的な費目の整理

交通事故損害を3分類する方法が2種類あることを学びました。

 

これを一つの表にすると次のようになります。

 

 

傷害損害

後遺障害損害

死亡損害

積極損害

治療関係費 車や家屋の改造費 葬儀費

消極損害

休業損害 後遺障害逸失利益 死亡逸失利益

慰謝料

傷害慰謝料 後遺障害慰謝料 死亡慰謝料

 

簡単のため、収録する費目は代表的な物だけに絞りました。

 

交通事故被害に強い弁護士リスト