【加害者の3つの責任|交通事故加害者の処罰と責任】

行政処分・民事責任(損害賠償)・刑事罰

交通事故の加害者になると、行政・民事・刑事の3つの責任が発生します。

 

これについて説明します。

 

交通事故被害に強い弁護士リスト

 

交通事故の加害者の3種の責任

行政処分

免許取消処分、免許停止処分、免許拒否処分、免許保留処分、運転禁止処分。
道路交通法に基づき、都道府県公安委員会が行う。

民事責任(損害賠償)

民法に基づき、被害者の人身損害と物損を賠償。
保険に加入している場合、保険会社が行う。

刑事罰

自動車運転過失致傷罪等による罰金・禁固刑・懲役刑。
刑法に基づく。

 

行政処分は、都道府県の公安委員会によって自動的に行われます。

 

損害賠償は、まず強制加入の自賠責保険が払い、不足が出れば契約の範囲内で任意保険会社が払います。

 

それでも不足が出れば、加害者当人に賠償責任があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

交通事故被害に強い弁護士リスト