【交通事故に強いおすすめ弁護士(被害者の損害賠償請求)】

このサイトについて

交通事故被害に強い弁護士の紹介サイトです。

 

損害賠償の保険金は、弁護士が入ることで大幅に変わることが多いです。

 

そうしたことが起きる仕組みも併せて解説しています。

 

弁護士が入ればこんなに変わる!

重い後遺障害はもちろん、頚椎捻挫(むち打ち)でも大幅に増額するケースがよくあるのです。

 

事故案件

保険会社提示額

弁護士が交渉後

追突され、頚椎損傷 ※1

110万円

825万円

追突され、頚椎等捻挫 ※1

100万円

350万円

歩行中に轢かれ、腓骨神経麻痺 ※1

1,160万円

4,800万円

追突され、頚椎捻挫 ※2

270万円

439万円

バイク事故で脳機能障害 ※2

2,000万円

4,200万円

頸椎捻挫で入院 ※3

250万円

590万円

衝突され、肩に後遺障害 ※3

300万円

1,100万円

※1 弁護士法人・響
※2 弁護士法人ステラ
※3 天音法律事務所

交通事故被害でおすすめの弁護士

交通事故被害者用の専用ページを持つ弁護士事務所を集めました。

 

下記の3事務所はすべて無料相談が可能です。

 

弁護士法人・響

全国5か所(東京・大阪・福岡・名古屋・神戸)に拠点を持つ大手弁護士事務所です。

 

【代表弁護士】 西川 研一 第二東京弁護士会 第36318号

 

ホームページ掲載の交渉事例

被害者

保険会社の提示額

弁護士の交渉結果

いくら増えたか?

30代会社員

110万円

825万円

715万円

20代会社員

100万円

350万円

250万円

40代会社員

1,160万円

4,800万円

3,640万円

 

弁護士法人・響のホームページを見る

 

フリーダイアル: 0120-702-022

弁護士法人ステラ

ここも交通事故被害を得意分野としています。

 

【代表弁護士】 天野 仁 東京弁護士会所属 登録番号:47669

 

ホームページ掲載の交渉事例

被害者

保険会社の提示額

弁護士の交渉結果

いくら増えたか?

39歳主婦

270万円

439万円

169万円

34歳会社員

2,000万円

4,200万円

2,200万円

 

弁護士法人ステラのホームページを見る

 

フリーダイアル: 0120-723-019

天音法律事務所

同じく、交通事故被害を得意分野としています。

 

【代表弁護士】 人見 勝行 東京弁護士会所属 登録番号:28805

 

ホームページ掲載の交渉事例

被害者

保険会社の提示額

弁護士の交渉結果

いくら増えたか?

40代男性

250万円

590万円

340万円

50代女性

300万円

1,100万円

800万円

 

天音法律事務所のホームページを見る

 

フリーダイアル: 0120-306-012

弁護士費用について

弁護士を入れたことによって、弁護士費用以上に保険金が増えないと費用倒れです。

 

この懸念から利用をためらう人が多いですが、まず無料相談してみましょう。

 

費用倒れの危険が大きい場合は先方から受任を断ってくるので、心配は無用です。

 

弁護士費用特約に入っている人はそれを使えば費用ゼロです。

自賠責基準と弁護士基準

交通事故保険金の金額基準は、実は1種類ではありません。

 

平たく言えば「安い基準」と「高い基準」があります。

 

そして、弁護士のような知識と交渉力がないと安い基準に近づけられてしまうのです。

 

この仕組みをわかりやすく説明します。

 

2種類の自動車保険

自動車保険は自賠責保険任意保険で成り立っています。

 

2つの保険は、保険会社も別です。

 

自動車保険は2階建て

2階

任意保険

  • 加入は任意。(入っていない人もいる)
  • 自賠責保険で足りない部分を補う目的の保険。
1階

自賠責保険

  • 法律で全車強制加入。(加入しないと車検が通らない。)
  • 最低限の損害補償を確保する目的の保険。
  • 支払われる保険金の金額水準は低い。

 

自賠責保険の支払いは法で細かく定められており、これが自賠責基準です。

 

任意保険は、損害賠償額が自賠責基準を超える時に差額を補う保険なのです。

 

<図>

 

任意保険基準

さて、上の図の損害賠償額は誰が決めるのでしょうか?

 

加害者が任意保険に加入している場合、その保険会社が損害賠償額を提案してきます。

 

なんと保険金の支払い手が自分の支払い額を提案するのです。

 

相手も商売だから、なるべく自分の支払い額は少なくしようとしますね。

 

上の図における上乗せの「差額」を低めに抑えて、自賠責保険金との合計額で提案してきます。

 

保険会社各社は、事故の種類・程度によって提案額の目安を持っています。

 

これが任意保険基準です。

 

任意保険基準は、保険の自由化(1996)以降、全社統一ではなくなり、非公開になりました。

 

一括払いのしくみ

上の説明で任意保険会社が「自賠責保険金との合計額」で提案することに違和感を持ったはずです。

 

自賠責の保険金は別の保険会社が払うものだからです。

 

実は、自賠責の保険金は任意保険の会社が立て替えるのが普通なのです。

 

これを「一括払い」と言います。

 

そして被害者への支払い後に自賠責の保険会社に請求します。

 

だから、自分の懐が痛むのは、上乗せした差額の分だけなのです。

 

こうすることで、被害者は2つの保険会社に別々に手続きしなくて済みます。

 

一方で、保険のしくみがよくわかっていない人は、全部任意保険の会社が払ってくれたような錯覚に陥りがちです。

 

任意保険の会社はこれを利用して、できるだけ自分の支払いを減らそうとするのです。

 

弁護士基準

弁護士基準は、弁護士が損害賠償請求する時の金額の目安です。

 

過去の判例に基づいて、法律家の専門図書としてまとめられています。

 

(「損害賠償額算定基準」 通称:赤い本)

 

被害者救済の立場に立った金額なので、ビジネス本位の任意保険基準より当然高いです。

 

弁護士に依頼すると、弁護士基準での支払いを交渉してくれます。

 

<図>

 

 

 

素人に弁護士基準の交渉は無理

しかし、素人が同じ要求をしても、保険会社は相手にしません。

 

同じ主張を繰り返したり、泣いたり、すがったり、怒ったり、脅しても無駄です。

 

そんなことは保険屋は慣れっこなのです。

 

相手もプロだし、顧問弁護士もたくさんいます。

 

被害者サイドに弁護士が出てくるからこそ、相手も態度を変えるのです。

 

法と保険の知識を駆使して理詰めに交渉するから、論理で負けるところは譲るしかない。

 

もめて裁判で争うのも面倒だ。

 

そう思うから大企業が個人に譲歩するのです。

 

交通事故被害に強い弁護士リスト